元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ

売り場づくりコンサルタント池田未千子のプライベートブログ

元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ

私がこのブログを書く理由

はじめまして!
池田未千子と申します。

2018年春、20年勤めた大手小売業を退職し、個人事業主として出発。自分のペースで仕事をしています。

私は大阪生まれ大阪南部の河内育ち。
今は兵庫県に住んでいます。
家族は息子、娘、夫の4人暮らしです。

 

このブログではこんなことを発信しています。

・”自由に自分らしく働きたく道がある”会社員へのメッセージ
・会社員から個人事業主になるメリット・デメリット

と言っても、ジャンルは問わず、日々思ったことを書いています。

会社員を辞めた理由

私は長年、誰もが知っている大手小売業で販売の仕事をしていました。結婚し、子供が産まれてからも管理職としてバリバリ働いていました。

仕事は楽しく、天職だ!と思っていました。
育児勤務だったので平日は残業をすることはありませんでした。
自分で勤務日を決めるので好きな日に休み、有給もほぼ100%消化していました。

管理職という花形レールに乗っていて、自由そうに仕事をしているのになぜ辞めたのか?

事業をしたい

私は10年以上前から、自分の趣味の店を持ちたい、と漠然と思っていました。
一番の辞める理由はそこです。

いつか自分で事業をするために会社を辞めよう、と思っていました。

 

人がいない

田舎の店舗だったので従業員はどんどん高齢になっていきます。
うちは定年が65歳で、65歳がきたらどんどん辞めていきます。

募集をかけるが応募はほぼなし。
働く人がいないのです。

若手(といっても40代、50代)も「親の介護」で辞めていく人が多かったです。

私の管理していた部署は店舗全体から見ると売上もそう高くないところでした。
一緒に働いていた部下はどんどん売上の高い部署へ異動させられていきます。

残った最小限のメンバーだけでなんとかレジは回せるシフトを組みます。
最小限のメンバーでもこんなパートさんばかりでした。

・病気がちでよく休む
・子供、自分、親の病院通いで休み希望が多い
・孫の子守、村の行事で休み希望が多い

自分も子供や家族がいます。
休み希望がかぶれば、社員が犠牲になるのは仕方がありません。

そのうち夜勤務のメンバーがいなくなり、自分が週末の夜の勤務をするようになっていました。

上司に訴えるも、その場限りの返事でスルー。
どうにか売り場が回っているので放置されたまま。

このままではまずい…

仕事は楽しい、でも家族や自分のしたいことを我慢して働く意義ってあるんかな?

だんだんそう思うようになりましたね。

 


夫の海外勤務

そうこうしているうちに夫が海外勤務にほぼなる、という情報が入ってきました。

海外に行くとなると持ち家を貸しに出したり、英会話を習ったり、を考えると早めに会社を退職しようと思いました。

一番の決め手はこれでした。

結局海外勤務は無くなりました。

 

「会社は辞められない」という思い込み

よく見る、「自分が辞めたら仕事が回らない」「自分が辞めたら会社に迷惑がかかる」という理由。

私もそう思っていました。
辞めてから思えば、単なる思い込みです。

会社や上司は困る、と言っても自分の体を壊すことと会社が潰れることとどちらが大事ですか?

 

これからの私の目標

・雇われる働き方に頼るのではなく、自分が生活できるくらい自分で稼ぐ
・私の活動を通して日本経済をよくしたい

 

最後に

お金を稼ぐのは会社だけではない、育児があるからと育児勤務の女性は会社で小さくなる必要はない、ことを知って欲しいと思ってこのブログを書いています。

 また、起業することが流行りのようでもありますが、苦労もあることを知って欲しいなと思っています。