元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ

売り場づくりコンサルタント池田未千子のプライベートブログ

元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ

整理収納のプロによる3歳のおもちゃ収納

スポンサーリンク

整理収納のプロ=整理収納アドバイザー=私。笑

今日は午前中、IKEAで買ったカラックスという棚を組み立てました。

f:id:kawachienne:20180404202529j:plain

私も家で仕事をするようになり、夫も趣味の活動でお互い資料が多い多い。

なので、本棚を追加することに。

家全体をただいま絶賛整理中です!

 

それと、子供のおもちゃの整理。

昨日買い足した無印のボックスに入れます。

f:id:kawachienne:20180403224513j:plain

 

 

f:id:kawachienne:20180404202400j:plain

子供が分けやすいように分類してラベリング。

ここで注意したいのが、子供の年齢や性格に合わせた収納をする、ということです。

例えばシルバニアファミリーのちっこいお道具類。

たまに、「食べ物」「生活用品」みたいにめっちゃ細く分類されて箱に入れられているのを見ます。

 

年長さんくらいならいいと思うのですが、3歳はまだそこまで細かくしなくてもいいかなと思います。

 

3歳で親が細かく細かく分類したり、収納用品を増やすと子供は片付けるときにイヤーっとなります。

子供にもよるので、その子に合わせて、ですね。

 

 

うちはリビングによく使うおもちゃを置いています。

が、常時置いておくおもちゃは5種類ほどにしています。

2階に使っていないおもちゃを置いておき、ローテーションしています。

 

ありったけのおもちゃを全部リビングに置いておくと、子供は次から次に出してしまい、片付けられなくなります。

なのでその子に合わせた管理できる適正量を置くようにしています。

 

あと、収納用品の容量もぎっちりだと3歳には詰めるのが難しいです。

容量の8割くらいがいいと思います。

上手に詰められなくても蓋が閉まればいいので。

 

f:id:kawachienne:20180404202405j:plain

8割以下の収納はこんな感じ。

 

子供が自分で片付けられるようになると母はものすご〜〜〜く楽です。

面倒かもしれませんが、最初にこの仕組みを作って、おもちゃのローテーションをすれば、新しいおもちゃをそんなに買わなくてもいいし、時短と節約になります。

 

こういう「家族に合わせた収納で時短できる」のは整理収納を学んでよかったな、と思う点ですねー♪