元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ

売り場づくりコンサルタント池田未千子のプライベートブログ

元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ

3歳のビジネスとは

スポンサーリンク

昨日の東京からの帰宅が深夜になり、激ネムな1日でした。

娘の予防接種の予約を入れていたのを後悔しました。(おいっ)

 

娘、予防接種は注射が嫌いというより、最後に絆創膏のちっさいシールみたいなのを貼るじゃないですか?

あれが体に貼られるのが嫌なようです。

取るときに痛いみたいで。

 

以前に小児科の先生に言ったら「お風呂でとれば痛くないよ」と教えてくれました。

それでも貼られた感が嫌だそうです。

 

注射は嫌いなくせに、お風呂では毎回のように「お医者さんごっこ」で注射されます。

すっごいニヤニヤして「痛くないですよ〜痛くないですよ〜」と言って、チクッとします。その辺のお風呂のおもちゃを。

 

お風呂では「お医者さんごっこ」「アイスクリーム屋さん」「食べ物屋さん」など、いろんな職業の仕事が繰り広げられます。

3歳の妄想によるお仕事はまあ恐ろしや。

 

アイスクリーム屋さんをすると、

「カップとコップどっちがいいですかあ?」

コーンないんやw

カップとコップ、どう違うん?

 

「なんのアイスにしますかあ?」

「チョコレートで」

「いちご味ですね〜」

「チョコレートで」

「いちご味ですね〜」

この店はいちごしかないんかいw

 

注文した商品が出てこないのはほぼ100%。

途中で職種が変わるのは毎日。

3歳の発想はまだまだ自由だ。

自分で商品を作り出して売ってくれ、と願う母である。